カテゴリー「クルマ」の3件の記事

Kei ブレーキランプ交換

枕連のポイント剥奪やら、優子りん・捲くれぇがヘリの事故で死亡?やら 

モータースポーツ界も騒々しいですね。 

 

そんな中、相方の愛車 SUZUKI Kei (N-1 FF) 

のブレーキランプ(左)がタマ切れ。 

 

しかし、2人して究極の美貌・・・やなくて貧乏。 

電球1個も買えない程。 

放置する事 1週間。 

 

やっぱコレって “ 整備不良車 ” 。 

立派な道交法違反なワケですよ。 

 

一応仮にも自動車業界で働く私としては 

あんまりにもあんまり。 

 

今日、横手のネイガーショーの帰りに 

YHでバルブを選んで来ました。 

ざっとラインナップを見ても適合がよく判らんので 

適合表を見ようとすると、 

 

“ May I help you ?  ”

 

いえ。 本当は日本人ですが、  

店員さんが教えてくれました。 

型は 12V21/5W  

 

しかし、そこは店員さん。 

 

ちなみに、こんなのもありますよ~ 

的なね。 そういうハナシもありつつ。 

 

ほぼ純正みたいな安いので充分だと思っていたのですが 

気になったのがコレ。 

P1090812 バルブのトップが

レンズになっていて  

純正バルブの3倍くらいに 

なるとか。 

 

Kei ってのは私自身も所有した経緯がありますが、 

ハイマウントのストップランプが無いと、実にテールが暗いクルマなんです。 

そこで、せめて光量だけでも稼いだ方が良いかなと。  

 

横手のYHで購入したのですが、外は結構な雨。 

さすがに屋根無し屋外での作業は無理。 

帰路の途中、大曲のYデンキは屋根付き駐車場。 

 

たまたま持っていたドライバーで即、取り掛かる。 

 

P1090808  

①二箇所のネジを外す 

 

 

 

P1090809  

②グリグリっと捻ると 

 ケースが外れます。 

 

P1090811  

③白いカバーを左にねじると 

 バルブ出現。 

軽く根元側に押しながら捻るとバルブが外れます。 

P1090813  

2個の接点が合う向きで 

逆の手順で付けます。   

 

P1090815 実はブレーキランプの交換は 

今回初めてだったのですが、 

←フィラメントが2本付いていて 

テールランプとブレーキランプが 

1つのバルブに共存しているんですねぇ~ 

  

まぁ思った通り、実に簡単な作業ではありましたが 

勉強になりましたよ。 

 

もちろん、左右両方交換しまして 

片方交換した時点で明るさを比べましたが、 

3倍まで違うかなぁ~? ってカンジで。 

まだ明るかったからかも知れません。 

 

でも2倍以上の違いは感じました。 

 

値段もまぁ、2倍程するワケで・・・。 

 

 

☆これで後ろ暗くなく走れますな☆ 

 

なんて。 

 

 

| | コメント (2)

宿題 9/25 

Mazda787bテーマ ; 

←フロントホイールの

 キャップは何の役目か? 

 

  

通常、787Bの画像などを見るとゴールドのアルミホイールを履いており

Mazda787b 走行中の画像においても 

そのままである。 

 

 

しかし、テーマの画像では確かにアルミホイールを覆うキャップが施されている。 

(事の発端であるミニカーも、そう) 

某プラモデルでも、しっかりとホイールキャップが付いている。 

  

まずは、どんな場面で

このキャップが付くのかネットにて画像を検索。 

  

検索ワードは “787B” 

 

あ、ひょっとすると飛行機の“ボーイング787”もヒットしてしまうか・・・? 

 

結果、 

  

Kensaku_1  

 

 

 

 

『女のケツ』が 1番目。 

 

おい、どうしてコレが787Bなんだよ。 

相変わらずだなー。 

  

 

さておき、色々なサイトを見て回ってはみたのですが

説明をしているサイトを見つけられない。 

  

様々なキーワードを打てども

求める文章がヒットしない。 

  

探している間も

あれこれ空想してみる。 

  

確か、MAZDAが総合優勝を果たした ’91年は

雨のレースだったんですよね? 

  

私の判る限りの知識では、

ホイールキャップの超・基本機能しか 

導き出せませんでした。 

  

  

答え ; ハブやブレーキパーツを汚さないため 

  

  

・・・レースで起こり得る事を想定し切れていません。 

答え教えて下さ~い!! 

m(_ _)m 

  

  

| | コメント (6)

ウルトラマン No.6 はタロウ

J.P.モントーヤが世界最高峰のモータースポーツF-1から

NASCARに移籍してしまうというニュースに、

別段動じていないWHEELです。 

  

暑くて暑くてまだまだ天然ダイエット進行中ですが、

ようやく現職の要領が少し掴めてきました。 

  

    

一般的にクルマの呼称というのは

その人の属するグループ(?)によって

異なるかと思います。 

  

例えば、少しでもクルマに興味があったり購入・所有の機会がある人ならば、その車名を覚えて呼ぶでしょう。 

プリウス、スカイライン、ステップワゴン、インプレッサ、・ ・ ・

  

もう少しクルマに興味の深い人達ならば、その車両型式で呼んだりもしますね。 

AE86(レビン、トレノ)、FD3S(RX-7)、EK9(シビック TypeR)、・ ・ ・ 

  

この呼び方のメリットは、

何か“クルマを知っていそう”という物知り顔が出来る・・・

ではなくて、その車種の何代目の型なのかを一発で表せる事でしょうか? 

(たまに同じ呼称で全然別メーカーの別車種ってこともありますが

例;E-BG5 → 7代目ファミリア、2代目レガシー )

    

私はMAZDAだと割と判るのですが、アクセラはBKで

更にBKEPというと、“2ℓのグレード”という部分まで判ります。 

  

    

開発者の方なんかは、まだ世に出ていない車種の開発コードなんかを知っていて、それで呼んだりしますよね。 カッコ良いですわ。 

  

その一方で、クルマに一切興味の無いような方々は、

SUVは全部“ジープ”とか(笑) 

ステーションワゴンを未だに“バン”と呼ぶ年配の方も居たり。 

    

    

レンタカー屋では、同じ車種で同じ色のクルマが多数存在するので

登録ナンバーで識別しています。 

  

“27-49を仕上げて○○自動車へ配車しる!” とか。 

  

も少し判りやすい時は

“01ブーン”などと車名と合わせて呼ぶのですが、

とにかくナンバーを覚え無ければ

いちいち 「27-90ってフェリオだっけ?フィールダーだっけ?」

と稼動表全ての中から探さなければならないので面倒です。 

  

他社から借りて来たりするともう混乱。 

   

  

どこか遠くへZoomZoom配車に行きたいなぁ 

  

ここ何日か長距離ドライブさせてもらって無いなぁ 

  

   

次の休みは又、ちょっくら長距離走ってみようかしら 

 

| | コメント (3)