カテゴリー「スポーツ」の2件の記事

女子バレー ワールドGP 2009

8/7(金)からのTV中継を欠かさず観戦しております。 

今回のチームは結成3ヶ月だそうですが、ポテンシャルは 

すごく期待できるチームですね。 

 

そのワールドGP2009ですが、予選では5勝4敗。 

全12チーム中5位で、実力で決勝ラウンド進出。 

 

その決勝ラウンドでは1勝2敗。 

 

予選では降したドイツ・ロシアに決勝では敗れるという残念。 

 

で、よく分からずに格上だと思っていたオランダ。 

FIVBの世界ランキング見たら、全然。 

 

1.ブラジル 

2.アメリカ 

3.キューバ(WGP不参加) 

4.イタリア(WGP不参加) 

5.中国 

6.日本 

7.セビリア(WGP不参加) 

8.ロシア 

9.ポーランド 

10.韓国 

他の参加チームですが、 

12位ドイツ、13位ドミニカ、15位オランダ、19位タイ・プエルトリコ 

 

ってことで、実はTVで “ 強豪 ” として扱われていた数チームは 

世界ランクでは格下だったりするんですね。 

で、このランキングで日本より上位で決勝に居るのは 

ブラジルと中国だけ。 

 

でも今日(8/21)のTV中継でオランダに勝って 

“ 大金星 ” とかって・・・。 

 

う~ん、騙されたとは言いませんが 

メディアに扇動された感が否めないですなぁ 

 

リベロ佐野優子のスーパープレイが観れるだけ良しとしましょうか。 

 
 

| | コメント (0)

dreamTEAM

普段、私は野球には興味がありません。 でも最近「WBC」ってお祭りのようなイベントが開催されているのには少々注目しています。 

1次予選で日本はコールドゲーム連発の圧勝ぶりは新聞やニュースで見てました。 宿敵・韓国に負けた事も。

2次予選で、韓国がアメリカに勝ったというニュースにも驚きました。 

コリャ本物だ、と。

そして日本の決勝進出絶望的・・・。 しかも韓国に2敗目を喫して、この結果。 特別、野球ファンでもないし、ましてやプレイヤーでも無い私ですが、こんな試合の経過を見聞きすれば只ならぬ口惜しさは、自ずと湧いてくるものです。 

そして、当然アメリカが負けて日本が決勝進出が決まったときも、奇跡の喜びとともに、“絶対韓国に勝て!”と思いました。 

私は野球界においての日本と韓国の関係は全く存じません。 

しかし、アジア同士というだけで何か自動的にライバル視してしまっているような気がします。 勿論、最近の外交問題も無視できませんが。 

この流れだと、W杯サッカーでもし韓国と対戦したらまたスゴイ事になるんでしょうね。 

そんな訳で日本シリーズもロクに見ない私が、日曜の昼から何処へもドライブに行かずに3度目の日韓戦をTVで見ていました。 

多分、惹きつけられたのはイチローは元より、野球を知らない私でも判る有名選手ばかりの“ドリームチーム”だったからかと思います。 

上原投手の気迫と集中力のピッチングは素人目にもプロ以上の何かを感じましたし、福留孝介の欲しい時に決めてくれる頼もしさにもプロ意識以上の気持ちの強さを見せられたと思います。 

ここまでメジャーな選手が一つのチームに集結するんだったら、やはり私と同い年の松井秀喜選手には出て欲しかったです。 

松井や城島が居たらもう少し派手さが生まれて、ドリームチームとしての注目度は上がったでしょう。 

決勝・キューバ戦は見ません。 韓国に勝ったのを見て満足しました。 

| | コメント (0)