カテゴリー「PHS」の2件の記事

大きな転換期ですかね

秋田では能代市藤里町が、北海道では函館市が、

それぞれ良くないニュースが私の第一、第二の故郷をイメージダウンしてくれちゃってまぁ。 

  

そんなブルーな気分を吹き飛ばすべく(?)

予定していた大きな買い物をして来ました。 

  

①携帯電話 

PHS暦 108ヶ月 

( NTT personal → NTT docomo → DDI Pocket → WILLCOM ) 

最初のPHSは、avus師と一緒に買いに行った懐かしい思い出です。   

実質2社ですが、DDIの方は7月一杯で80ヶ月の継続でした。 

  

数々の困難にもめげずに、私の周りでPHSが一人になっても信念を貫いて来ました。 しかし、現職はあちらこちらへ移動する事が多く、かつそんな時でも連絡を取らなければならない事があります。 

  

今までだと

「高速道路で通じない? 山奥で通じない?

年間何回そんな状況でTELしなければならないの?」 

と意地を張ることが出来ていましたが、

    

今の仕事では、中々頻繁にそういう状況でTELしなければならない状況があります。 ハンズフリーキットと共に購入を急がれていました。 

  

でも安易に王道を選びません(笑) 

  

Dsc03318 auにしました。 

最新機種のW44Tというヤツです。 

  

まだブ厚い説明書はほとんど

読んでいません。 

  

しかし、色々いじくってみました。 

最近のauは Listen Mobile とか言う音楽ケータイを売りにしていますね。 コイツはBluetooth(青い歯?)のワイヤレス・ハンズフリーに対応しているらしいです。 

  

Dsc03319 音楽聴く時も青い歯でワイヤレス。 

i-Pod系を買う必要がほぼ無くなり

ました。 

  

まだ使い方が充分に解らないでいるので、dreamのアルバムが2枚しか入っていませんが、まぁまぁ電車の旅なんかに使えそうです。 

  

そこそこ基本を覚えてきたら

“ケータイに換えたよ!登録宜しく~(^▽^)/” 

みたいなメールが行くかもしれません。 

  

    

大きい買い物  

②エアコン 

Dsc03322_1 Dsc03320_1  

 (カーテン何年換えてないんだ?) 

  

  

  

以上。 大家さんの知り合いから新品を採算度外視の

破格の値段・費用で付けてもらいました。 

快適な夏をありがとう!! v(・_・) ブイッ 

  

| | コメント (5)

ピッチよ永遠なれ

ドコモ、PHSサービスを終了──2007年度第3四半期めどに

 NTTドコモは2007年の秋から冬をめどに、PHSサービスを終了すると発表した。具体的なサービス終了日は、ユーザーの利用状況を見ながら別途検討の上、通知するとしている。

 ドコモは2005年2月、「FOMAに経営資源を集中する」(ドコモの中村維夫社長)ことなどを理由にPHS事業からの撤退を発表。2005年5月に新規申し込みの受付を終了し、以降PHSユーザーには、FOMAへの乗り換えで2万円を補助するなどの施策を行ってきた。

 PHSサービスの終了をアナウンスした時点で135万だった契約者数は、2005年12月末時点で88万契約まで減少している。


http://www.itmedia.co.jp/mobile/

                                               (+D Mobile) - 1月31日16時18分更新

私はPHS(WILLCOM)ユーザーです。

筋金入りのPHSユーザーです(契約90ヶ月以上)。 Phs

未だに携帯よりもPHSの方が(トータルバランスで)優れていると豪語し、若僧が良く調べもせずに市場の雰囲気や先入観で『え~070だっさぁ~い!』等と言おうモノならば“PHSの何処が悪いのか”、いや“携帯の何処がPHSに勝るのか”を小一時間問い詰 (ry

まぁ極々限られた山奥については電波が届かずにPHSが携帯に劣る一面があるのは認める。 そういう場面でイザ救援が必要になったときに非常に有効である点も大いに認める。 

しかし、建物の中や地下街でよく電波の無くなる携帯電話ってどうなのでしょう?日常多くいる場所でよく圏外になってるのを見ると“携帯って使えねーな”って思いますよ。 

自慢じゃないですがPHSも年々進化を遂げてますから昔むかしの電波が弱いとかすぐ途切れるなんてのは最近は殆ど感じません。 

十和田湖のド真ん中(東北ローカルスマソ)ボートの上で携帯全滅の中でPHSは使えますから!

大館ジャスコ(昔よく立ち寄った)の中でも立派に通話できますから!

PHSは“安い”のは認められてはいますが、如何せん“イメージが安っぽい”というのが大きなマイナス要因で、ケータイもファッションの時代に“安っぽい”のはウケなくなってしまったんでしょうな。

DDI pocketは、やはりdocomoにマーケティングの腕で負けてしまったのがイタイかと。 サービス内容ではなく販売戦略に負けたのだと思います。 たぶん。 今後のWILLCOMのPHS事業はどうなるんでしょう。

もしものときはメジャー路線を嫌ってauかJ-PHONEか・・・。

| | コメント (4)